2008年10月24日

小説「夏の災厄」篠田節子





平和な街に突如起こった原因不明の奇病によって巻き起こった

バイオハザード。伝染病である奇病の感染防止と原因を究明しよう

と立ち上がった市の保健センター職員たちだったが、

行政システムの弊害によって、有効な対策が立てられない。

同時に、権利だけを主張する無責任な住民や崩壊した地域社会の

希薄な人間関係も加わって、巻き起こる悲劇の数々。

そういったごたごたの中で、「日本脳炎」の新型ウイルスは

着実に街の人々の身体と心を蝕んでいき、パニックや自殺、

暴力的な衝動を誘発し、更なる悲劇を生んでいく。


設定は、埼玉県の昭川市、都心から50キロ、人口は86000人。

農林業が盛んな、ベットタウンという架空の市だ。


物語で特に印象的なのは、日本脳炎を媒介するある生物を駆除

しようと農薬散布が行われるのだが、地域の人間関係の希薄化、

核家族化によって、情報が行き届かずに、こどもがモロに農薬を受け

絶命する描写である。あらかじめ、地域には放送で農薬散布を

する放送や、回覧や散布する旨の書類が伝達され、同時に

悲劇が起こる数分前におばあさんがこどもたちに家に入るように

促す場面がある。だが、「知らない人の意見は聞かないように」

という親から教えられたこどもたちは、それを無視してしまう。

そこには、地域の相互扶助(助け合い)をしてこなかった人間関係の

希薄化が如実に現われている。


「漠然としたものに対する恐怖」によるパニックなどによって、

正常な判断が取れずに起こる異常な行動を読むにつけ、本当に怖い

のはウイルスもそうだが、人間の心なんだとひとりごちた。585ページ
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする