2008年08月10日

「スポーツのたられば」

本庄第一 勝
浦和学院 負
サッカー 負
柔ちゃん 負(準決勝) 

最近応援していた、チーム及び個人の成績である。


本庄第一(埼玉県代表、甲子園)に接戦を制して勝った。

相手である開星との実力は私の見立てではほぼ互角、

世間や野球解説者の見立てでは開星優位であったが、

堅実な守備とチャンスに点を取り、先発のピッチャーが

9回投げきり、裏の攻撃でサヨナラホームラン勝ち。

第一には替えのピッチャーがいたが、開星にはいなかった点

に注目すれば、やはり精神的にも差があったと思う。


浦和学院(埼玉県代表、甲子園)にて接戦の末破れる。

「バント」をしっぱいしなかったら、走塁のミスがなければ、

バントの失敗が相次ぐ中、三度監督がバントの指示をしなければ

勝っていたかもしれない。というのは結果論でしかない。

バントをさせない相手バッテリーや、その守備力を褒めるべきだ。

勝負の世界においては、

「強い者が勝つのではない。勝った者が強いのだ」という

ベッケンバウアーの言葉に集約されたひとつの真実がある。


サッカー日本代表がアメリカに負けてしまった。

ベッケンバウアーの言葉がリフレインする。いいわけはいらない。

グラウンドの借りは、グラウンドで返すしかないと思う。


柔ちゃん準決勝で判定負けを喫す。

最近の柔道で気になるのは、審判のレベルの低下と判定だ。

なぜか得点で示されていたことや、両者一度も技を繰り出して

いないのに勝敗が決まり、そんな勝ち方をして相手選手が

とび上がって喜んでいたことだ。

柔ちゃんが逆の立場だったら、多分そんな態度取らない気がした。

だって、木偶の審判に「あんたが勝ち」って言われて嬉しい

わけがない。勝敗を決するのは、技あり以上じゃないとおかしい。

正直メダルの色は銅でもいい。

まぁ3位決定戦は一本勝ちだったからスカッとした。

日本柔道が弱くなったと言うよりも、審判に不満を感じる。


そしてこういった日本にとって不本意な結果だった場合、

柔ちゃんに勝った選手を代表にしていたら、

男子は野村を出していればという意見が出てくると思う。

所詮結果論でしかない。

「絶対勝つ」ということは、インチキをするに他ならない。

中東のあるハンドボール選手は、インチキしてでも勝ちたい

らしいが(審判に詰め寄り自分たちよりの判定をしろと発言)

私個人としては、そんな勝ちに価値を見出せないので、

勝ちにつながる努力をし、「できるだけ勝つ」道を模索すべき

だと思う。選手がなじられるのは、負けたり、エラーしたとき

じゃなくて、練習や試合での怠慢、信義にもとることをしたとき

であるべきだ。これは何もスポーツに限ったことではないが。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままにその日暮らし! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする