2008年07月28日

私小説「兄弟」なかにし礼




数億円の借金、裏切り、破天荒な生き方をする兄のツケを

払わされるのは私だった。名作詞家なかにし礼の私小説。460ページ。


特攻隊から復員してきた14歳年上の兄は、私の父代わりとして

私を育ててくれたが、山っ気の多い男で、一攫千金めざして、

家を担保にニシン漁に手を出す。

思えば、この頃から破滅への道を歩んでいたような気がする。


苦労に苦労を重ね、ジャズの訳をしながら、立教大学に通っていた

私は、時代の寵児「石原裕次郎」と出会い、昭和の流行歌を次々と

作曲。アメリカンドリームならぬ、大成功を収めるが、金の臭いに

つられて兄がやってきた。兄は、「育ての親」ということや、

母を人質に私から金を無心し続ける。あげくの果てには、私の名前で

勝手に借金を作り、次から次へと会社を起こし、倒産させる。

蛭のように、悪魔のように、私から金銭をむしり取り、精神的にも

追いつめられる私だが、どこかで「改心してくれるのでは?」と思い

兄弟の情や、兄が母と住んでいるということもあり、兄の悪行を

許していたが、遂に決定的な裏切りをし、絶縁状態に至る。


特攻隊の生き残り、墜落体験、アメリカ兵との空中戦……

実しやかに戦争体験を語る兄の言葉に疑念を抱いた私は、

兄の死後、兄が所属していた「戦友会」に赴き、兄の実像と虚像を

推し量る。愛憎と葛藤を繰り返しながら、私は死んだ兄にささやく。

「兄さん、死んでくれてありがとう」



「男はつらいよ」にも言えることだが、ああいう生き方しか

できない人が家族にいたら、言葉では言えないような苦労が絶えない

よなぁと感じた。しかも、この兄は寅さんの比ではないほどの

甘ったれの困ったちゃんである。歴史に「もし」はないが、

この兄がいなかったら、もっと平安な生き方をできたかもしれないが

数々のヒット曲も生まれなかったのではないか?と考えると、

作者ではないが、なんとも複雑な気持ちがしてくる。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのエッセイ・私小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

小説「永遠の出口」森絵都




永遠の、限りないものに憧れる。

でも、限りあるものほど、いとおしく思える。(本文より)


主人公私の生きた70〜80年代の激動の9歳〜18歳の出来事を描いた

傑作小説。330ページ。第一回本屋大賞4位を獲得。

かなりおもしろかったので、すごくおすすめ。読後感もよい。



9歳の私は、「永遠に〜できない」という言葉に対して言い知れぬ

不安を感じる。そのことに感づいた姉は、私に執拗に攻撃を加えて

くる。そんな私だったが、誕生会で起こった事件によって……。



11歳の私は、クラス内において「恐怖政治」を断行するサド教師に

よって、すっきりしない毎日をすごしていた。教室内に立ち込めた

諦観とぎすぎすした空気。そして遂に、事件が勃発した。



13歳の私は、当時問題になっていた荒れる中学生の風潮に過剰反応

した学校側の厳しい生活指導や、厳しい母の教育方針に対して

もやもやした気持ちを抱いていた。家に帰った私は、ビンだらけの

室内に入り、それがどうやら両親が勝手に作っていたワインのせい

だと知り、一気に非行に走るのだった。



16歳になった私は、バイトをはじめた。ドジをしても笑って許され、

雰囲気もよく、仲のよい居心地のよいバイト先に満足していた

私だったが、用があって一週間ぶりにやってきたバイト先は

様変わりしていた。



18歳になった私は、失恋のショックをひきずりながら、進路のことを

真剣に考えられないでいた。同じように、あぶれていた「仲間」と

ともに、「今が楽しければいい」をモットーに楽しんでいたのだが、

ある日、どうせなら星の研究をして、星空案内人をしてみないかと

持ちかけられて、やってみることにした。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑える・楽しい・爆笑できる本・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

「ズッコケ山賊修業中」なすまさもと 前川かずお


山奥で、山賊たちに捕まってしまったズッコケ三人組は

逃げ出すチャンスをうかがいながら、山賊たちと生活を共にする。

小学生におすすめの人気シリーズ第10弾。さし絵・ルビ付き。

200807201110000.jpg


大学生とドライブにやってきた、ズッコケ三人組は山奥で

山賊たちに捕まってしまう。山賊たちは、山中にひそんでいる

「土ぐもさま」と呼ばれる神様をすうはいする集団

「くらみ谷土ぐも一族」であり、4人はいっしょに住むことを

強制される。4人は、山賊たちにしたがうフリをして、生活を

共にするが、もちろん逃げ出すことを考えるのだった。


外に出かける神事(≒お祭り)の時に、これを絶好のチャンスだと

考えたズッコケ三人組は逃げ出すことにする。運命やいかに?
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ズッコケ三人組 読書初心者におすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

名作「大誘拐」天藤真




身代金は100億円。日本のみならず、世界中が注目の大活劇。



和歌山県の山林王柳川とし(とし子)は、日本屈指の大富豪であり、

長年福祉事業に携わってきた功績もあり、「神様」として

人々から慕われていた。

ちなみに、所有する山林などの土地は4万ヘクタールであり、

時価総額は700億円超という途方もない金持ちである。

彼女は最近、小間使い役の紀美と共に、この途方もない山道を

毎日のように横断していた。


そんな折、元スリ師の健次が出所した。みなしごだった彼は、

施設でとし子と会ったことがあり、彼女の誘拐を目論む。

刑務所で知り合った正義、平太と共にとし子を誘拐し、

身代金5000万円を手に入れようと画策、準備を整えて努力?の甲斐

あって、とし子を誘拐することに成功した。


自らの計画をとし子に披露した健次だったが、身代金が5000万円と

いうことを知ったとし子は大激怒。100億円にしろと言い出す。

健次たちは困惑しながらも、とし子の言い分を聞きながら、

「犯行」を行っていくのだが、なぜかとし子が犯行の手助けや

その類稀なる頭脳を駆使して、あれこれと三人に指図してくる。

主客転倒のこの大誘拐計画は、果たして成功するのか?


また、とし子を大恩人として尊敬やまない県警本部長井狩は、

三人組「虹の童子」を捕まえてとし子を救出せんと血脈をあげて

この大捜索に乗り出す。



飄々とした登場人物たちのキャラクターと、血なまぐさいシーンが

ない安心して楽しめる傑作小説である。アイディアもすばらしいが、

筆致も確かであり、存分に楽しめる内容。誘拐犯(実質とし)と

捜査本部の心理戦・頭脳戦もおもしろく、引き込まれる。


30年前の作品であり、時代背景などわかりづらい点もあるが、

「名作は色あせない」の言葉通りさして気にならない。

文句なくおすすめ。435ページ。


作中名言

「子が母のために尽くすは当然のことや」
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | すごくおすすめ長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

小説「八つ墓村」横溝正史




八つ墓村の由来…村に訪れた落ち武者八人を、皆殺しにしたという

暗い歴史を持つ村で、次々と村人が不幸な死を遂げる。

武者が所持していた黄金を強奪せしめんと画策していた

村人だったが、結局宝物(小判)を手にすることはできなかった。


そして、時は流れ村の権力者である男が己の欲望に任せた行為を

したことを端に発し、村人32人が殺されるという史上類をみない

事件が起こる。


そして、四半世紀を超える時が流れ、血みどろの歴史を持つこの

村に新たな大量殺人事件が勃発。名探偵金田一耕助も登場するが、

謎解きしかしてくれずに、次々と被害者が増えるという悲惨すぎる

ストーリーであり、もっとどうにかならなかったのか?という

感もあるが、娯楽として読む分には、優れたミステリーと言える。

但し500ページ弱と長いのが難。


物語は、32人の大量殺人犯の息子であることを告げられた主人公が

実は犯人の嫡出であり、莫大な遺産相続をすることを村人から

告げられ、のこのこ村にやってきたことによって陰惨な事件に

巻き込まれるというストーリーである。また、村に隠されている

宝探しという魅力的な部分も描いた娯楽性の強い作品でもある。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

短編集「動機」横山秀夫


署内で、警察手帳が紛失した。その数30冊。

内部犯か?外部犯か?犯人の目的は?

表題作「動機」。日本推理作家協会賞。



「逆転の夏」

順風満帆の人生を歩んでいた男が、事件を機に転落。

元女子高生殺人犯の彼の元に、匿名で殺人依頼の電話が舞い込む。

はじめは、相手にしなかった彼だが、通帳にお金が振り込まれる

たびに、少しずつ相手の話を聞いてやり、いつしか離れてしまった

妻の心をお金でつなぐために……。


「ネタ元」

地方新聞の女性記者であるヒロインは、上昇志向の強い人間。

「認められていない」という想いを胸に、特ダネ探しに奔走。

「弱者を助けたい」という、若き日の信念はどこかに置き去りにし、

いつしか被害者を見ても、涙も流さなくなっていた。


そんな折、全国新聞から引き抜きの話しが舞い込む。自己分析を

したヒロインは、自分が持つネタ元(ネタ提供者)を理由に

引き抜かれたのでは?と思い当たる。


「密室の人」

裁判官が公判中に居眠り。しかも、妻の名を呼んでしまった。

瑣末なはずの事件が、内部の都合や私的なことも加わって、

主人公の磐石なはずの基盤を一気に瓦解する。



4編の社会派ミステリーを収録。290ページ。

いわゆる、笑える作品ではなく、唸らされるタイプの名作。

おすすめ同著として「半落ち」がある。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 17:52| Comment(0) | TrackBack(1) | すごくおすすめの短編・短編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする