2008年03月30日

「世界は誰にでも本を開いて待っている」

全年齢対応を目指して!

小学生におすすめの本は、
  
  「ズッコケ三人組」シリーズ…三ツ星。特に前期25作品はすごい。
  
  「ルドルフとイッパイアッテナ」シリーズ…主人公は猫。
  
  「きみはダックス先生がきらいか」…三ツ星。大人が読んでも○。
  
  「五体不満足」…障害は、不便かもしれないが不幸ではない。
  
  「窓際のトットちゃん」…大ベストセラーのエッセイ。
  
  「ジャックマガーク」シリーズ…外国の探偵団シリーズ。
  
  「はれときどきぶた」シリーズ…完全ルビ付き。ユニーク。
  
  椋鳩十シリーズ……「むくはとじゅう」。動物もの。名作多し。
  
  新美南吉………「ごんぎつね」、「てぶくろをかいに」 

 中学生におすすめの本は、
  
  「ぼくらの七日間戦争シリーズ」…理不尽に対しての戦い。
  
  星新一さんのショートショート…短編集を買いましょう。
  
  「我らが隣人の犯罪」…三ツ星の短編集。
  
  「今夜は眠れない」…主人公は中学生。
  
  「夢にも思わない」…↑の続編。初恋はほろ苦い。
  
  「夏と花火と私の死体」…発想がすごい。乙一。
  
  「坊っちゃん」…わかりやすいストーリー。
  
  「4TEEN」 ……直木賞を受賞した中学生4人の物語。三ツ星。
                
                     
 高校生におすすめは、
 
  「こころ」
  「人間失格」
  「車輪の下」
  「六人目の小夜子」
  「リセット」
  「スキップ」
  「魔術はささやく」
  「夜のピクニック」
  「球形の季節」               
  「GO」
  「レボリューションNo.3」
  「インストール」
  「蹴りたい背中」
  「GOTH」
  「暗いところで待ち合わせ」
  「ロミオとロミオは永遠に」
  「青春デンデケデケデケ」
  「龍は眠る」
  「池袋ウエストゲートパーク」シリーズ
  「つぐみ」  
  「イン・ザ・プール」
  「空中ブランコ」
  「まほろ駅前多田便利軒」

 大人におすすめの本は、 
 
  宮部みゆきさん作品全般
  挙げるなら「理由」、「日暮らし」、「誰か」。
  (但し、「ICO」と「ぱんぷくりん」は外す)
  「罪と罰」
  「レ・ミゼラブル」
  「鉄道員」(ぽっぽや)
  「天国までの百マイル」
  「きんぴか」シリーズ
  「勇気凛凛」シリーズ
  「椿山課長の七日間」
  「間宮兄弟」
  「つめたいよるに」
  「対岸の彼女」
  「容疑者Xの献身」
  「終末のフール」  
  「地獄変」
  「手紙」
  「秘密」
  「OUT」
  「テロリストのパラソル」 
  「ひまわりの祝祭」
  「暗殺の年輪」
  「ひとごろし」
  「砂漠」
  「仮面の告白」
  「となり町戦争」
  「夢を与える」
  「新宿鮫」シリーズ
  「人間の証明」
  「半落ち」
  「13階段」
  「日本推理作家協会」シリーズ
  内田康夫の「浅見光彦」シリーズ
  アガサクリスティ
  エラリークイーン
   →特に、「Yの悲劇」。
  「プレイバック」 
  「Wの悲劇」  

posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままにその日暮らし! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「お笑い関連の話をするよ!」

オンバトチャンピオン大会が、やはりおもしろかった。

優勝したのは、トータルテンボス。M1を準優勝しているし、

実力的には若手お笑い芸人の中でも文句なくトップクラスだ。

準優勝だった「三拍子」」のネタもやはりかなり練られていて

僅差での準優勝となった。

前回優勝のNON STYLEや、4位だったタイムマシーン3号までは

5位以下の出演者とはちょっと別格だった。


個人的には、あと「流れ星」と「超新塾」、「ストリーク」あたり

が好きだし、売れる気がする。

「流れ星」は、おもしろい上にルックスがよくて、華がある。

「超新塾」は、5人という特性を生かしているし、ムチャクチャ

テンポが速くて、かつ聞き取りやすくなった。喩えるなら、

毎週連載をすることでパワーアップしているマンガ家位成長した。

「ストリーク」は、「毎度〜」でおなじみ?の野球漫才をする。

イチロー選手も彼らのファンだったりするほどメジャー?な

お笑い芸人だ。球場ごとのアナウンスシリーズが好き。


あとは、準優勝で敗れてしまった「イワイガワ」、極道ネタを

笑いにした「えんにち」、チャンピオン大会に出てはいないが

「磁石」と、他のお笑い番組に出るようになった「ラバーガール」が

おもしろいと思う。


ちなみに、オンバトの放送日が変わるので「観たいなぁ」という方は

御注意を。たしか金曜の0時40分〜に変わります。

あと、司会が神田アナから変わるのですが、挨拶がなかったのは

ちょっと残念です。(公式サイトの方で、してました)

http://www.nhk.or.jp/oab/


あと最近おもしろかったのは、ちょっと渋い所で

「芋洗い坂係長」と「チャーリーカンパニー」かなぁ。


最近見なくなって、ネタ見たいなぁ…という芸人は「ヒロシ」です。

ヒロシです。誰が、何といってもヒロシです!


余談ですが、昨日の「オールスター感謝祭」でダチョウ倶楽部の

鉄板ギャグが見れなかったのは、本当に残念です。まぁ、

お笑い芸人か弁護士か「ややこしや」な山崎邦正が、おもいの他

頑張ったのでよしとしましょう。


またあれ(※)を観て、動物愛護団体が騒ぎ出すのでしょうが、

山崎邦正も動物であり、家族を養わなくてはいけないことを

考えれば、寛容な精神とあたたかい目で見てあげましょう。

※ 生きたウナギを口に加えたこと。島田紳助が焚きつけた。


大好きななっちゃん(田中麗奈)が戸惑っていたのが、印象的。

なっちゃんのコメディードラマ「猟奇的な彼女」が楽しみです。

やはり、表情とかがすごい!。ちなみに、CM「なっちゃん」で

舞台女優なっちゃんが泣いたのはアドリブです。

「大豆は畑の肉ですから」というのは、豆知識。豆だけに……。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままにその日暮らし! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

児童書「ズッコケ脅威の大震災」なすまさもと 絵高橋信也


その大きな揺れはいきなり起こります。その時、ズッコケ三人組は

どんな思いを味わったのでしょうか?ズッコケシリーズ第37弾。

倒壊した町で、ズッコケ三人組が「生きる」姿に感動する物語。

さし絵・ルビ付き。


北は北海道、南は沖縄まで、日本は全国震源地帯。

いつどこで、阪神・淡路大震災クラスが起こっても不思議では

ありません。三人組が暮らすミドリ市(広島市)で、震度7の

激震が発生します。地震の前には、魚・鳥・野生動物の大移動や

井戸水や海などにおいて異常事態が発生し、地震雲と呼ばれる

雲が発生します。三人組も日々の生活の中で、「変だなぁ?」と

感じてはいますが、これといって実感もないまま地震をむかえ、

被災者となります。


ハチベエ・ハカセ・モーちゃんは、それぞれ自宅、自宅、レストラン

で地震を迎えますが、さいわいなことに家族が側にいました。


彼らは不便な思いをしながら、小学校の体育館で生活をします。

逆境でこそ、その人間の真価が問われるというのは、よく言った

もので、三人組は町の復興に向けて、精一杯がんばるのでした。


大変な時こそ、人は助けあわなければなりません。

考えてみたら、数々の災害や戦争があるたびに、人々は

なんだかんだ言って、それでも生きてきたのです。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ズッコケ三人組 読書初心者におすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ドラクエの話をするよ!」

今回は、何の脈絡もなく「ドラクエ」の話をするよ!

あと、ブログを大幅リニューアル中です。

花揺れる春だからです。まぁ単なる気まぐれです。


「ドラゴンクエスト3」

世界一おもしろいゲーム。プレイ時間はおそらく1000時間位。

ゲームの完成度の高さには、目をみはる。ラスボスゾーマの

強さはシリーズ最高であり、ストーリーも世界観も文句なく好き。

すばやさ255の戦士やら、元賢者の女武闘家・男戦士なんかを

増殖してあるデータは宝物。勇者が本当に強い所や、賢者の能力の

高さには驚きである。スーファミ版ではなく、ファミコン版が好き。

父(オルテガ)が、パンツ一丁で登場した瞬間は実に感慨深い。

春だからなぁ……。遠い目。

ムダなアイテム「ぬいぐるみ」とか「みずでっぽう」

「あぶないみずぎ」には妙味あり。

200803161134000.jpg



「ドラクエ5」

ストーリーもおもしろいし、倒したモンスターが仲間になるという

のは最高のシステムだと思う。結婚システムもおもしろい。

フローラと結婚した方がお得な面も多いが、やはり幼なじみの

ビアンカと結婚するのが気持ち的にもストーリー的にも正しい!

スーファミ版はモンスターを50匹まで仲間にできるという制約が

あるが、プレステ版は3匹ずつ(1匹しかできないものもいる)仲間に

できるのは本当に嬉しい。その分負担が大きい気もするが……。

ちなみに私は200匹位仲間にした。プレイ時間は450時間程度。

スーファミ版は、多分累計だとそれ以上。

好きなのは、ホイミスライムのホイミンとスラッポ。あとロビン。


「ドラクエ4」

ストーリーとキャラを重視した作品。章ごとの主人公たちと、

勇者が出会う様は感慨深いものがある。プレステ版では、

アリーナが弱体化されていて、ちょっとムカついた。

ファミコン版のクリフトは、なんかザキばっかり使うから嫌いだ。

あとブライ唯一の重宝呪文「バイキルト」もAI(コンピュータ)が

使ってくれないから、ブライとトルネコが本当に使えなくて笑える。

プレステ版は、なかなか凝っていて異色版としては5といっしょで

成功例と言える。早解きした際につく称号は嬉しい。

だが逃亡回数なども表示されてしまうので、

モンスターから逃げにくくなるというマイナス面もある。


3章で、トルネコの冒険はじめにモンスターがズラッと出た、

ゲームチューニングのネイルスイート(爪の甘さ)には、

ちょっと腹がたった。


4の「移民の町」や、3・5の「すごろく」の煩わしさには閉口する。

→あったらあったで、やらないと損した気分になるといういわゆる

 「不自由な選択」を強いられる気がする。

どんなゲームにも「ここがこうだったらなぁ……」的な要素はある。

その点、それが全く見当たらないドラクエ3は本当に秀逸だと思う。

ユーザー(プレーヤー)には、サービスのつもりでつけたミニゲーム

やら特典は、時に邪魔な要素にもなるという典型である。


まぁ、ドラクエは8作とも文句なく名作でしょう。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままにその日暮らし! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

直木賞「青春デンデケデケデケ」芦原すなお


40年前の香川県を舞台に、純情?な高校生たちがバンドを組んで

ロックに・音楽に挑むユニークで爽快感溢れる物語。直木賞。


ベンチャーズの「パイプライン」のデンデケデケデケ〜〜!を

聴いて、身体中に電気が走ったように感じた僕(藤原竹良)は、

ロックの虜となり、どうせなら自分でギターを弾きたいものだと

思った。


僕は、檀家の高校生であり、すでに住職の仕事をこなしている

いろんな意味で成熟な富士男や、色白の美青年白井、軽音楽部の

岡下などとバンドを組んで、ロックに明け暮れる。

さしあたっては、夏休みにアルバイトをして楽器を買わなければ!

純朴な?高校生たちの友情や恋や出会いと別れと、旅立ちをテーマに

描かれたおすすめの物語。

現在の高校生が読んだら新鮮であろうし、かつての高校生が読んでも

やはりおもしろい作品だと思う。230ページ。独特の方言表記も○。


藤原……バンドのリーダーにして主人公。ボーカル。サイドギター

    出会いと別れと、旅立ちを経験しながら大人になっていく。

    
富士男…頭の回転のよい、バンドの頭脳。如才なく、冗談好き。

    恋愛相談を受けることが多いらしく、某高校の恋愛事情に

    富に詳しい。はんにゃーはーらーみーたーと読経を読む。

    僕いわく、彼なら女子大以外なら全部受かると思う。

白井……細面で色白の美青年。実家は魚屋。

    男勝りな姉を持つ。僕のギターの師匠。

    引っ込み思案だが、一本芯が通った性格。

岡下……軽音楽部の太鼓奏者だった彼に目をつけた僕らは、

    「太鼓じゃ一生モテない。だが、ドラムはモテる!」と

    半ば強引に勧誘し成功。おばあちゃんこ。


http://blog.with2.net/link.php?598905
→大学生ブログランキングへ
「セイジ」「肉欲企画」「多重人格」「伝きり」「あん」がおすすめ
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | すごくおすすめ長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

直木賞「白球残影」赤瀬川隼

元記者の主人公が、30年前に22勝というすばらしい成績を

あげながら、突然、「引退」してしまったピッチャーを発見した。

彼に好感を抱いていた主人公は、彼と野球談義に花を咲かせた。

だが、「誤解」によって、話は打ち切られてしまう。

後日、誤解が解け、かつてエースだった男がたどった意外な人生が

明かされる。感動的な物語。


他に、戦後、就職しながら東大をめざす若者の青春を描いた

「夜行列車」など全5編を収録。

特に、往年の野球ファンや、野球好きの方にお薦めの短編集。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

「春眠斉藤暁を覚えず」

やはり春のぽかぽか陽気は特にいいですね。

スピッツの曲でもあるように「猫になりたい」。仕事をしている

時間昼寝できるネコがすごくうらやましいです。

まぁ、私はエキセントリック快眠BOYなので、春に限らず

よく眠るのが好きだし、のび太ほどではないにしても寝つきが

いいです。


食堂で、「ほう、ガソリンが税金分4月1日から安くなるのか」と

イマイチ不確かなテレビ情報を観ながら、ランチしてました。

「1リットル25円分」もかぁすごいなぁ……。


その後、お昼のルーティーンワークをこなし、それも終わり

1日の内で最もアイドルタイムに突入。みなさんもお気づきのように

おなかが膨れた昼間というのは眠い・眠い。

2時頃スイマー(睡魔)に襲われた私は、うつらうつら。

先ほど浮世の義理でいただいた≒クッキーが、おなかの中で

より大きな催眠効果を促している気がします。

1日にコーヒーとお茶を計10杯以上飲む私にとって、カフェインは

対した眠気覚ましになることもなく、お茶を飲んでもやはり眠い。

≒クッキー>お茶 っていう感じです。


掌にあるツボを押してみたり、腕にある毛をゴリラのように

むしってみたり、自分の掌の長さを測ってみたりしながら

北島康介級のスイマーと戦っていました。



「春眠暁を覚えず 処処啼鳥を聞く

 夜来風雨の声 花落つること知りぬ多少」

→春の眠りは心地よく深いものなので、朝が来ても寝過ごしちゃう!

「斉藤暁(さいとうあかつき)」特技はトランペット。
http://www.cosmoproject.co.jp/saito.html

「エキセントリック少年BOY」
http://www.youtube.com/watch?v=D1PDLy9Nyg0 

→ダウンタウン他が参加したシングル曲。

 歌詞がおもしろい。

 鳥バード

 ガンバレ地球 ガンバレ地球 ぼくは限界だ

 食らわせろ 食らわせろ 俺も知らない謎の小袋 80袋

 ※「コブクロ」がこの歌詞に感銘を受けて、バンド名にしたと

  いうのは、もちろん嘘である。  

http://blog.with2.net/link.php?598905
→大学生ブログランキングへ
「セイジ」「肉欲企画」「多重人格」「伝きり」「あん」がおすすめ
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままにその日暮らし! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

児童書「ズッコケ三人組のバック・トゥ・ザ・フィーチャー」なすまさもと 絵高橋信也


卒業をひかえるズッコケ三人組は、「自分史」(自分の歴史を

ふり返る)作りをはじめます。ハチベエ・ハカセ・モーちゃんの

それぞれのあだ名の由来と、きおくの不確かさ、

過去・現在・未来を結ぶおすすめの物語。シリーズ第40弾。

さし絵・ルビ付きの読書初心者におすすめのシリーズ。

文庫版も大判も中身は同じです。図書館・図書室によくあります。


「人に歴史あり」。ズッコケ三人組は、自分たちのあだ名の由来とか

小学校1年生当時の自分たちのことなどを、調べ始めます。


ハチベエは、「初恋の少女」探しを、ハカセ・モーちゃんは

自分たちのあだ名の由来や、三人がいつから友達になったのかを

調査し始めます。そして、自分たちのきおくのあいまいさ、

いいかげんさを知ります。

ちなみに、ハチベエは「うっかりはちべえ」、モーちゃんは

「スローモー」からあだ名がついたわけではありません。


ハチベエは、初恋の少女の父親の犯行を証言しています。

ハカセは、自分の母親をひき逃げした犯人(実は少女の父)によって

短い間ですが、転校を余儀なくされています。

たとえつらい過去であっても、向き合わなくてはいかない。

彼らは、つらいきおくと同時に、楽しかったきおくがあることを知り

明日(未来)に向かって歩き出します。しめっぽくないいい話です。

http://blog.with2.net/link.php?598905
→大学生ブログランキングへ
「セイジ」「肉欲企画」「多重人格」「伝きり」「あん」がおすすめ 
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ズッコケ三人組 読書初心者におすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

「加齢なる日常」

「ヒマだ」。職場というのは、3時間休憩なしのぶっ通しで

働かなくてはいけない時もあるが、反対にやることなくて

手持ちぶさた、物思いにふける時間もまた多い。


私の職場は、なぜか異様に暑く、冬なのに27〜28度もある。

それでいて、「環境」とか「エコ」を謳っているんだから

へそでTEAを沸かしちゃう。しかも私は暑がりなので、

3月にもなると「エアコンいらないんじゃないの?」と思って

しまう。部屋のエアコンは、夏を含めて5回位しか使わない。

今年は雪が降った日だけ使用している。

エコでもケチでもなく、必要性をたまにしか感じない。

でも、日本一暑かった日(去年の8月13日頃)は生命の危機を

感じてエアコンを使用。「30度」設定で十分涼しかった。

その日は40度超えたのには、本気で驚いた。埼玉の八木橋に

テレビ局が来ていて笑った。



幼少時代、いわゆる古い家に住んでいた私にとって

寒いのは苦手ではないが、暑いのは苦手。受験の時も、

受験会場やセンター試験の会場が暑すぎて頭がボーっとしたものだ。

やはり、浜風と潮風吹き荒れる北海「埼玉」で育っただけあって

寒いのには強い。あまり、ヒマなのでトイレにでも行こうか。



トイレに行ったら、個室の方に先客がいて驚いた。

しかも、うら若き乙女だ。

春は変な奴が多くて困る。

彼女は言う。

「電気を大切にね!」

うん、たしかにそうだね。

トイレのウォシュレットの強度が、「最高」になっていて

ものすごい水圧のがきた。まさに、ビックウェーブだ。

10年前位にはじめて使ったときは、変な違和感持ったけど、

今じゃ当たり前に使っている。でもこれ、「本当に必要?」

私が言っているんじゃないですよ。

でんこ(♀ 既婚)が、そう言ってるんです。


あまりヒマだから、会社の社則だの経理状況だの、クレーム対応だの

を鼻歌まじりに見ていたら、上司の駆動しずかさんに軽く叱られた。


「勝手にしやがれ(ジュリー)は職場的にダメ、SMAPのにして」


いや、SMAPはあんまり好きじゃないから、すいません。

ミスチルとかスピッツにするんで。許してください。


駆動さんは、工藤静香に雰囲気が似ているバリバリのキャリア

ウーマンだ。そこはかとなく似ている。まぁスタイルは似ている。

彼女が書類を整理、入力する姿は圧巻です。まさに前輪駆動!って

意味わからん。ホントは、八面六臂の大活躍。あしゅらのようだ。

尊敬しています!


こう言っておけば、仮に本人にブログの存在がバレても大丈夫。

おっと、つい本音が。


そういえば、ロードオブメジャーの曲はいいのが多いけど、

どうもボーカルの声はところどころというか全般的に

「ルートから外れている」気がする。

どちらかというと、土地勘のない群馬の山道を走っているような

印象を受ける。←わかりやすいようなわかりにくいような喩え。


あと、この日記の内容も、ところどころ脱線したり、話しが

飛んでいるように感じた。


あっ、題名が「大切なもの」じゃないか。

うーん、

「電気は大切にね!」

違う、おまえじゃない。

と、「耳をすませば」調に否定。

裏を返せば、好きってことです。

大切に思っているということです。

あれって、ツンデレもといツンデレラだ。


あと、電気も盗めば捕まります。

はじめて、捕まった人は何と直接電線から盗んでいました。

その後、法整備(法で制定)されて、「電気」も「物」と認識

されるようになったのでした。


電気・電気イス・でんきち;電撃ネットワーク・でんこ・電子分解

……。まだまだ、ヒマな時間が続きそうです。


そう思って油断していたら、FAX送り状が35枚(普段は10枚程度)

もありました。ホント、頭の中に音楽流しながらじゃないと

ちょっと苦痛感じるレベルです。まぁ書くこと自体は好きです。

そんでかなり頑張って書いたのに、送り先から「遅い」と理不尽に

怒られた。その送り先には普段の3倍分くらい送ったのだから、

そういうことを斟酌してほしいのだ。想像力働かせてほしいものだ。

遅くもなるわ!書類とか広辞苑くらいあったんだぞ。


大切なもの。それは電気と、納期(締め切り)。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままにその日暮らし! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

小説「県庁の星」桂望実


特技は、書類の作成。趣味は仕事という、役人根性丸出しの県庁の星

にしてエリート野村聡は、知事の思い付きによって民間のスーパーで

研修に臨むことになる。「スーパーで何を学ぶんだか……」と、

不満を持ちながら「研修」していた聡だったが、スーパーの実質的な

店長であるパートのおばさん二宮(45歳、母子家庭の息子あり)と

出会い、少しずつ変わっていくのであった。250ページ。


野村
 →Y県(山梨県と思われる)のエリート職員。
  
  将来を期待される逸材である。官公庁の慣例や書類作成が得意。

  高身長でイケメンだが、視野が狭く、頑固で独善的で非モテ。

  抜群な安定感を持つという理由から公務員となり、頭はよいが

  柔軟性が欠けている。向上心が高く、仕事に厳しい。31歳。

  スーパーでは、一貫して「県庁さん」と呼ばれる。

  人を見ずに、数字で見るタイプだが、意外におひとよし。

  作中では思わぬしっぺ返しを喰うはめに。

  気持ちが変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。

  習慣が変われば人格が変わる。的な人物であり、「君子豹変」的 

二宮
 →スーパーのパート職員だが、おせっかいで従業員から頼られる

  存在。物事をずばずば言う肝っ玉かあちゃん的な性格である。

  その人物評は的を射ていて、野村に関しても鋭い視線を向ける。

  愛する一人息子との間に、溝を感じ始めた45歳。

  野村と対立するも、徐々に野村を認めはじめ、後には野村からも

  頼られる存在になる。

  野村と共に、物語の語り手である。

  二宮は、職場の顔と息子に見せる顔があるのだが、作中に登場

  するダメキャラが全く別の顔を持っているエピソードとかがよい


働く人間が抱えるジレンマだとか、官公庁の持つ融通の利かなさや

スーパーの仕事の内側や、スーパーを利用するお客などをユーモア

溢れる内容でつづったおすすめの作品。感動もできる内容。


やはり見所は、お惣菜コーナーでの熾烈を極めた戦いであろう。

そう、「負けられない戦いはここにある」。

チーム野村(野村・金・陳・ルブカ)は、チーム所(自称ミニモニ)

に勝てるのか?目が離せない!

あとは、「食品Gメン」との戦いかな。 


http://blog.with2.net/link.php?598905
→大学生ブログランキングへ
「セイジ」「肉欲企画」「多重人格」「伝きり」「あん」がおすすめ 
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑える・楽しい・爆笑できる本・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

恋愛短編集「姫君」山田詠美


「姫君」イチオシ

誇り高いわたくしは、ホームレス。でも、心は錦。まさに姫。

わたくしは、ひとりの男と出会った。


青臭い曲を奏でる摩周は、事故で自分の家族をいっぺんに失った

過去がある。誰も自分のことなんて、注目していない。

だが、姫子に出会った。そして二人の「主従関係」暮らしが始まる。


この作品は、コミカルでありながらほろ苦くて大好きです。

変にべたべたしていないのがよいです。ラストも好きです。

抱きたいのでも、抱きしめられたいのでもなく抱き合いたい。



「フェイスタ」

これは、コメディータッチの作品。いわゆる欲望まるだしの

「本能」が語り手という異色の作品なのですが、これがおもしろい。

「本能」の主は、容姿に恵まれず、職場の男性に恋をしているわけ

ですが、旧時代的な「待つ」女に徹し、その自らの姿を「純愛」と

捉えているわけです。で、「本能」は辛らつにこれをこきおろす。

こういう発想ができるのはすごいなぁと思うし、やはり文章が

うまいからできることです。



「MENU」

母が首をつった。ぼくが五歳の時だ。そして、叔父の家で

次男として迎え入れられ、現在に至る。ぼくは、20歳になった。


ぼくには、「ひとの幸せを願う」聖一兄と、やたら僕にからんで

くる聖子という妹がいる。ぼくは、基本的にシニカルで、

淡々としている。聖子は、ぼくが実の兄でないことに気付いていて

何かとからんでくる。ぼくは、ぼくのことを本当の意味で知っている

聖子を愛しいと思う。悲劇か、喜劇かは本人が決めることだ。



いわゆる恋愛小説の中では、もっともおもしろい作品だと思う。

山田さんは、直木賞も受賞しているが私はこの短編集の方が好き。


恋に対して皮肉っぽくて、でもやっぱり恋をしたくて、傷ついて

傷つけて……。そんな恋の物語を、透明感溢れる文章でユーモアも

交えながら描いていておすすめです。5つの短編集。官能的。

解説は、金原ひとみ。表紙は、新垣仁絵と豪華。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | すごくおすすめの短編・短編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「イメージ線香 息だけは出川哲郎」

イメージ先行……、それは人が自然に行う悲しき習性。

人はたくさんの人と出会い、「第一印象」なり「この人はこんな人」

的な想いを抱く。そして、少しずつ修正していく。そして、終生を

迎える。


顔が、その人の見た目の9割を決めるという説がある。

なるほど、人は目で見えるものから多くの情報が得られる。

その人が好ましい容姿をしているか、表情は、服装などの身だしなみ

は、髪型は……といろいろなものから相手を知ろうと試みる。


会ったことがない人の場合はどうであろうか。

例えば職場にかかってくる電話の相手を考えるのであれば、

声やしゃべり方、言葉のチョイスなどから「こんな人かなぁ」と

思うしかない。よく聞く話ではあるが、「声」だけを聞いて

その電話相手に過度の期待をし、本人に会ってみたら……と

いう話を聞く。私の職場にもねぇ、息だけは福山雅治ならぬ

声だけは皆藤愛子ちゃんがいるわけです。ごつい婦人ですよ。ええ。

まぁ、息だけは出川哲郎よりは害がないと言えます。


そういえば、チャットとかネットとかでは文章からその人を

判断するしかないですね。うーん、どういう風に映っているの

でしょうか。知りたいような、知りたくないような……。

ブログでは、過半数の方が自分のキャラを偽って楽しんでいると

いうのをどこかのアンケートで見ました。私自身は、どうなのかなぁ


さて、見た目が9割の話に戻りますが。

とりあえず、どんなに仕事に関するまじめな話をしている六大学出身

の優秀な上司であっても、鼻毛が出ていたらアウトですね。

えぇ、ゾロっと出ていました。やはり、見た目は大事です。

とりあえず、顔洗って職場行きます。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままにその日暮らし! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

小説「だれも知らない小さな国」佐藤さとる


少年の頃、野山で僕は「こぼしさま」の話をおばあさんから

聞きます。「こぼしさま」とは、小人(コロボックル)のことで

いたずら好きの神様とか魔物とか言われ、人間とも交流があり

なかよく暮らしていたのですが、いつの日か欲にかられた人間が

現われるようになり、人々の前から姿を消してしまったのです。


少年だった僕は「こぼしさま」を発見して、大人になっても

そのことを覚えていました。そして、彼らに会うことを夢見て

ふたたび彼らに出会った不思議な山にやってきました。


少年の頃出会った、不思議な小人と少女との思い出を胸に訪れた

僕を「こぼしさま」は待っていました。僕は、こぼしさまの味方と

して彼らに受け入れられます。そして、僕らのコロボックル小国に

危機が訪れます。僕は、ともだちになった彼らのために

「夢をプロデュース」計画を提案します。そう、それは

某プロ野球のキャッチャーだった野村氏の「ささやき戦法」や

睡眠学習のような作戦でした。


おすすめのファンタジー小説。さし絵つき。

関連…「ズッコケ三人組の地底王国」
http://book0001.seesaa.net/article/87781248.html
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童書・絵本・はれぶた・バッテリー・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

児童書「ズッコケ怪盗X最後の戦い」那須正幹 絵前川かずお


世間をにぎわす怪盗Xとズッコケ三人組の戦いを描いたシリーズ

第44弾。対怪盗エックスシリーズ第3弾。さし絵、ルビ付き。

怪盗X1・2弾はコチラから!
http://book0001.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83Y%83b%83R%83P%81@%83G%83b%83N%83X&vs=http%3A%2F%2Fbook0001.seesaa.net%2F&fr=sb-sesa&ei=Shift_JIS


舞台は永田町。変装の名人である怪盗Xは、その能力と情報力を

使って、たくみに大金を得ることに成功した。


その後、ハチベエの家に変装をした男が現われ、「近所にある

某宗教の金のぞうり」を盗み出すと予告。エックスに強いライバル

意識を持つハチベエは、親友ハカセ・モーちゃんにこのことを告げ、

いっしょに金のぞうりを守ることにする。


そんな折、ハカセとモーちゃんの住むアパートに3人の親子がやって

きた。ハカセは、どうもお父さんがエックスなのではないか?と

疑うのだが……。


ズッコケ三人組と怪盗Xの知恵くらべがまた始まる。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ズッコケ三人組 読書初心者におすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

名作「月と6ペンス」モーム


イギリスの作家サマセット・モームが、口証や想像を交えながら、

画家ゴーガンの波乱万丈の一生を描いたおすすめの名作。


まともな生活を営んでいたゴーガン(ストリックランド)は、

40歳の朝ふらりと家を出てしまい、そのまま戻ってこなかった。

語り手であるぼくは、ゴーガンの奥さんらに頼まれて、ゴーガンに

戻ってくるように説得を試みるのだが取り付くしまがない。


ゴーガンの絵は、おせじにもうまいと言えるような代物でなかった。

何よりも、何を書いた絵かさえわからなかった。


ものすごく貧しい生活をしながら、「ずっと絵書きになりたかった」

と告白するゴーガン。彼は、偏屈で天邪鬼で、傲慢で、わがままな

典型的な「ひとでなし」として書かれているものの、その精神力には

目をみはるものがある。


ゴーガンは、作家であるぼくや、おひとよし画家であるダークと

交友を深める。ダークは、唯一ゴーガンは天才だと見抜いていた

男であり、彼のことを大きく買っていた。ゴーガンには、辛らつな

言葉ばかり投げつけられていたのだが……。


ある日、ゴーガンが重体に陥り人のよいダークは、彼を自分の家に

泊めてやることにするのだが……。


生前全く認められなかった有名な画家というのは、驚くほど多い。

ゴーガンもその一人である。物語の中で、例えば200フランで

ゴーガンが半ば強引に「お礼」にと押し付けた絵が、後に

30000フランで買われている。捨てることができない家の奥さんが、

屋根裏部屋に放り込んでいなければ、この絵はどうなってしまったで

あろうか。


最終的にゴーガンは、タヒチの島のまさに「エデンの園」のような

楽園で病気にこそかかるものの、島でその波乱万丈な生活を終えた。

関わった人に多大なる迷惑をかけたこの天才は、時に人々を感動させ

時に「ひとでなし」となじられ、時に人に愛された。

ゴーガン(ゴーギャン)の絵
http://www.artofposter.com/myweb1_023.htm
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の 世界の名作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

児童書「ズッコケ怪盗Xの再挑戦」那須正幹 絵高橋信也


「ズッコケ三人組対怪盗X」はこちらから。
http://book0001.seesaa.net/article/88979826.html


ズッコケ三人組は、前作↑で世間をにぎわす大どろぼうXと対決し、

Xからライバルとして認められた。Xは、ふたたび三人組の

前に現われて、リターンマッチを繰り広げる。


夏休みをのんびりすごしていた三人組だったが、ある日彼らの

元に「聴くと頭がよくなる」という、いかにもうさんくさいテープが

届けられた。

どうやら近所でこのテープが届いたのは、三人組だけらしい。

あやしい……。三人は「成績が悪い子にだけ届いたのかな」と

いさぎよく?事実を受け入れ、これを聴いてみることにした。


X(エックス)のてのひらの上で、孫悟空のようにおどらされる

三人組は、一矢むくいることができるのか?さし絵・ルビ付き。

ズッコケ三人組シリーズ第38弾。対怪盗Xシリーズ第2弾。


同シリーズは、図書館・図書室に置いてあることもあるので、

探すのもいいですよ。読書初心者におすすめのシリーズです
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ズッコケ三人組 読書初心者におすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

「花揺れる 春なのに」

季節の変わり目は、店舗の変わり目・安売りの季節だと、

着るものを物色してきました。


まぁ無難にアウターなどを買ったり、来季に備えて冬物セール商品を

買ったりしました。新作は、まだ高いからいいやと、

セール商品を見ていたら「インパラ」ってメーカーのシャツが

「100円」でしてね、安いなぁと思って買いました。


安い理由は、クビ元の辺りが日焼けしてましてね、シャツの価値が

ドル並に急落したようです。こういうのは、犬の散歩の時とか重宝

するので必要ですし、あんまり気にならないのでいい買い物です。


でも、勝手はみたものの「なんか着ないなぁ……」って服って

ありますよね。安物買いの銭失い。できたら、宮部みゆきさん風に、

安物買いの銭失わずといきたい所ですが、凡人ニセ安寿にはムリ。

店の音楽とか、雰囲気にやられちゃったたりして。


そういうのは、いっそ兄弟・姉妹とか友人とかにタダで

あげちゃった方がいいかもしれませんね。まぁ、よくある話として

親あたりがなぜか着ていたりして、なんとなく自分のセンスが

汚された気がするものですが、それもまた一興。


近所のおばさんが、中学生のジャージとか着ているのを見ると

「歌や詩になれない」&「言葉にできない」感情を抱いてしまうのは

私だけでしょうか?


今日は、梅の花が咲いていてきれいでした。白・ピンク・紅梅……

鮮やかでしたね。夢かなって、志望校に合格できた方も、

サクラチル……をいつかの安寿のように体験した方も、いつか

同じように笑って春という季節を受け入れられる日が来ることを

祈って……。落ち込んだりもしたけれど、私は元気です。


「ある夢が叶わなかったら、また別の夢を探せばいいじゃないか」

恩師の言葉は、今でもこの胸の中にあります。

勝ちっぱなしの人生に、深い味わいが生まれるわけはない!(はず)
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままにその日暮らし! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

直木賞「思い出トランプ」向田邦子 

「かわうそ」

脳卒中で倒れてから、妻の顔がかわうそのように見えてきた。

快楽のために、魚を沢山殺すという「かわうそ」のように。

「許されぬ嘘」を否がおうにも思い出した主人公に、

湧き起こる衝動。静かなスリルが怖く、ぞくぞくします。


「犬小屋」

妊婦の達子は、犬がきっかけで家族ぐるみのつきあいをしていた、

魚屋のカッちゃんを電車で見かける。しかし、声を掛けることが

できなかった。


「花の名前」

まじめで専門バカの夫は、花の名前などほとんど知らないような

男だった。夫の「先生」になった主人公。銀婚式を迎えた妻の前に、

見知らぬ女が現れて……。

などを収録したおすすめの短編集。13作品。直木賞。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

直木賞「GO」金城一紀


主人公は、在日韓国人という「肩書き」のせいで、

いろいろな「壁」にぶつかります。


一番の壁は、作品のテーマである「恋愛」です。


しかし、「肩書き」や「名前」なんて所詮は呼称にすぎません。

主人公は、この「壁」をぶち破るために立ち上がります。


スピード感があって、主人公の生きる姿勢に好感を持つ作品です。

特に高校生におすすめの作品です。直木賞。映画もおすすめです。


いつだって、自分の道を切り開いていくのは「意志」の力です。

文章は正直拙いけど、だからこそ胸に響く部分があります。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 22:08| Comment(1) | TrackBack(1) | おすすめの長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

小説「ズッコケ中年三人組 age41」那須正幹


少年隊が中年隊になるように、ズッコケ三人組も中年になる。
26年間の間、小学生だった彼らが、
41歳になりいよいよ数え年で
「厄年」を迎え、「健康」について考え出す。
ズッコケ三人組、中年版第2弾。同シリーズ第52弾。

ハチベエ…クラスメイトの圭子と結婚し、二人の息子を授かる。
八百屋からコンビニの店長へ。相変わらず女好き。
性格は基本的に変わっておらず、うぬぼれが強い。
趣味は釣り。お酒とタバコが好き。

ハカセ……大学院の史学科を卒業するも、中学校の教師。独身。
クラスメイトであった唯一独身の荒井陽子と食事をすることがあるも、
恋には発展せず。書生っぽい。
前作では、中学校の教師として奮闘。
性格は基本的に変わっておらず、淡白・冷静。

モーちゃん…結婚、娘一人。
会社の倒産によって、装飾会社に就職。奮闘中。
体型は変わらず、メタボに悩む。
性格は基本的に変わらず、優しくて、引っ込み思案。

ズッコケ三人組が、小学校時代に恋をした「マコ」が登場。
マコは、美人占い師としてお茶の間で人気を博していた。
そんなマコが、三人が住むミドリ市(広島市)にやってくるという。
三人組は、懐かしさと同時に淡い恋心も手伝って興味を覚えた。
特に、モーちゃんにとってマコは「初恋の人」だった。

関連「ズッコケまるひ大作戦」
http://book0001.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83Y%83b%83R%83P%82%DC%82%E9%82%D0&vs=http%3A%2F%2Fbook0001.seesaa.net%2F&fr=sb-sesa&ei=Shift_JIS
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ズッコケ中年組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

短編集「ダックスフントのワープ」藤原伊織


突然訪れる「悲劇」と「別れ」をテーマに描かれる4つの物語。

280ページ。ハッピーエンドは嫌いと言う方には、特におすすめ。


「ダックスフントのワープ」

大学の心理学科に通う僕は、聡明だが自閉的な少女マリの

「家庭教師」。僕は、マリの心を開くためダックスフントを

主人公にした物語を聞かせることにする。いわゆる家庭の事情を

抱えるマリであったが、少しずつ回復の兆しをみせていく。

しかし……。「信頼」とか、「世の無情」とかを思う。


作品名セリフ抜粋

笑顔と信頼は隣同士のかけら。このふたつが背中をよせあわなきゃ、

世界全部が壊れてしまう。〜ここであきらめちゃ、信頼を裏切る

ことになる。


「ノエル」

翔子とノエルは、腹違いの姉弟。ノエルの美貌を見た人は一様に

賛辞の言葉を惜しまないが、翔子にはそれが腹立たしい言葉として

しか思えない。翔子は、ノエルに贈られた忌まわしい

アンティーク人形を破壊することにした。

いつだって、傷つくのはこどもの方だ。

いろいろ考えさせられる作品。


「ユーレイ」


叔父の骨董屋の手伝いをしている僕。そんな僕の家にユーレイは

やってきた。彼女は、4時間だけ「こちらの世界」におわします。


友達が皆無な僕だったが、なぜか彼女とは仲良くなり不思議な

心地よい時間をすごすことになるのだが……。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

直木賞「緋い記憶」高橋克彦

画家として成功した主人公は、かつて住んでいた盛岡での

‘忌まわしい記憶’を探るために調査に乗り出す。

主人公を待ち受ける、逃れられぬ悲しくも切ない運命とは……。


あいまいで、不確かで、書き直されてしまう記憶たち。

悲惨な物語で終わるのかと思いきや、最後まで読んで救われました。

表題作(緋い記憶 あかい記憶)など記憶に関する短編集。7作品。

300ページ。同著「青い記憶」もおすすめ。直木賞。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

児童書「ズッコケ三人組対怪盗X」那須正幹(X) 絵高橋信也


世間をにぎわせている怪盗X(エックス)は、

あざやかな手口で数億円ものお金をうばっていく。

ズッコケ三人組は、近所に住む九条さんの家にある

「ならしばかたつき」(茶器、1億円ほどの価値)を

守るため、頭脳と勇気をふるってエックスと対決。

シリーズ第26弾。エックスとの対決を描いた第1弾。

さし絵、ルビ付き。


「三億円事件」をほうふつとさせるエックス一味の犯行は、

世間をにぎわせていた。そして、犯行現場に残された

「X」というカードから、強盗は「エックス」と言われる

ようになり、世間の注目を集めるようになっていた。


ハカセは、エックスに興味を持ち、彼のことや犯行について

調べていた。そして、近所の九条さんの家にエックスらしき

人物から「予告犯行」を示す手紙が届いたことを知る。


ハカセは、親友であるモーちゃん、ハチベエらとともにエックスを

捕まえようと計画をねる。この知恵くらべ、どちらが勝つのか?


「怪人20面相」シリーズのファンである作者が描く冒険もの。

忍者的犯行によって、見事に大金・宝物を盗み出すエックスを

「悪」っぽく描いていないので、安心して読める。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ズッコケ三人組 読書初心者におすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

直木賞「空中ブランコ」奥田英郎


団員のあいつは、オレのことを受け止めてくれない」

疑心暗鬼にとらわれた、空中ブランコ師の山下は、

精神科医の門をたたいた。


しかしそこにいたのは、精神年齢が小学生のような男伊良部と、

変にセクシーで愛嬌のない看護婦だった。


「イン・ザ・プール」に続く、伊良部シリーズの第2弾。

サーカスの花形である空中ブランコ師のために、伊良部が

ひとはだ脱ぐかと思わせて、ちゃっかり「空中ブランコ」に

挑戦したりして楽しんでいます。あれ?山下の治療は……?

「これで本当に精神科医?」という不安を抱いていた山下

だったが……。


他に、先端恐怖症のヤクザをユーモアに描いた「ハリネズミ」など

短編全5編を収録した爆笑のおすすめ短編集。直木賞。

肩の力が抜けていて、気楽に読める一冊。

同著「イン・ザ・プール」、「マドンナ」もすごくおすすめです。
http://book0001.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%89%9C%93c%89p&vs=http%3A%2F%2Fbook0001.seesaa.net%2F&fr=sb-sesa&ei=Shift_JIS
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑える・楽しい・爆笑できる本・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「3月9日」と「Thank you」とQちゃんとオバQと野球と産休」 

レミオロメンの「3月9日」と

SOPHIAの「Thank you」が好きです。

曲も、歌詞もすごくいいと思います。


さて、今日はマラソンにQちゃんが出ますね。

正直、最後の花道的なレースになると思いますが、

マラソンと野球は最後までわからないスポーツなので

なんだかんだ言っても気になってしまいます。


昨日の7時のニュースを録画して観た時、Qちゃんが

ちょっとやせすぎてるように見えました。

どんな世界でも、新人が出てきてベテランは追いやられる

わけですが、新人も引導を渡すわけではないにしろ、

はっきりと皆が納得する位の「実力」を見せないといけません。

マラソンの選考基準が、はっきりしないのがちょっとヤです。


「オバQ」は、いわずもがな?の傑作マンガ。

大食いであるオバケのQ太郎が、大原家に上がりこみ、

毎食20杯の飯をかっくらったり、テレビ局に出演して、

スパゲッティ(パスタ)を40人前食べるという

ギャル曽根も裸足で逃げ出すという食欲を見せ付ける

グルメマンガです(嘘です)カイバラ先生とかも出ます(嘘です)


Qちゃんのにせものが現われる回があり、3Qを達成して

います。これは、本当です。


笑いあり、感動あり、挑戦あり、恋ありのマンガです。


野球の醍醐味は、「三球勝負」です。遊び球は、一球も要りません。


「想像妊娠したので、産休下さい」と言ったら、

「産休だけで言いの?」

と真顔で言われました。


最後まで読んでくれて、本当に本当に

ありがとう。(私は日本人)
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままにその日暮らし! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

児童書「ズッコケ三人組の卒業式」那須正幹 絵前川かずお 高橋信也


26年間に及ぶズッコケ三人組シリーズ第50弾。
小学生シリーズの最終巻。


クラスで、タイムカプセルを埋めることになった。

ハカセの発案で、三人組は自分たちだけで独自にタイムカプセルを

用意することにした。どうせなら、値上がりするようなものを

うめたい。欲深ハチベエと、いやしいモーちゃんはこう考えた。

ハカセは、銅メダルとか「魔の異郷伝説」の時の自家製作の

土偶などをうめることにした。彼らは、タイムカプセルをこっそり

小学校の敷地内にうめることにしたのだが、穴を掘っているさいに

あやしげな物を発見した。それは、パンドラの箱だった……。


ハチベエ・ハカセ・モーちゃんは、花山第二小学校を卒業。

彼らを見守り、こっそり支え続けてきてくれた宅和先生にも注目。

やはり、事件を巻き起こすズッコケ三人組と感動のフィナーレ。

読書初心者におすすめのシリーズもここに完結。

51巻目以降は、「ズッコケ中年三人組」。


在校生に合わせて、日本以外にも韓国、北朝鮮、パキスタン、中国

イギリスの国歌、国旗があがった所は素直に感心した。

あと、モーちゃんのユニークな発言がいい。

「なんだか二十六年くらい、

 ずっと六年生やってたみたいな気がする」

「なんどもゴールデンウィークがあったり……。

 夏休みもなんども、なんどもくりかえしたような気がするんだよ」
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ズッコケ三人組 読書初心者におすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

芥川賞「蛍川」宮本輝

芥川賞受賞作「蛍川」と太宰治賞作「泥の川」を収録。

「泥の川」

戦後の復興間もない頃の話。

人の死は身近だった。

昭和30年頃の大阪を舞台にして、少年信雄は船に住む

姉弟と友達になるのだが……。


「蛍川」

竜夫は、父が50をすぎてこどもを諦めたときにできた子だった。

父重竜は、戦後の復興に乗じてのし上がったいわゆる事業家であり、

20年連れ添った女房を捨てて、こどもができた千代といっしょに

なったのだった。


時は流れて、竜夫は中学生になった。

重竜が体調を崩してしまい、千代と共に今後のことを考えなくて

はいけなくなる。竜夫は恋をしていた。親友も同じ相手に恋を

していることを竜夫は知る。


すごくいい作品です。ラストの蛍を観に行く所も見所ですが、

やはり男同士の「友情」を描いた2つの場面がイチオシです。

こういう友を持ちたいものです。おすすめの文学作品です。感動。

posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の 世界の名作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

絵本「ぼくへそまでまんが」矢玉四郎

ぼくは、はたけやまのりやす。三年三組。あだなは十円安。

この間、ポケットの中に妹のパンツを入れたまま小学校に

行ってしまい、「えっち」とか「へんたい」とか言われた。

とてもはずかしかった。

200803070733000.jpg


でも、ぼくはそれをあえてマンガにして書いてみた。


ぼくのマンガはおもしろいと、みんな笑ってほめてくれた。

これに気をよくしたぼくは、次々とマンガを書いた。

もっとも、ママだけは勉強しなさいと怒っていたけど……。



ある日、ぼくの周りで不思議なことが起こりはじめた。

そう、まるでマンガのような不思議なことが起こりはじめたんだ。


さし絵・完全ルビ付き。読書初心者におすすめの「はれぶた」

シリーズ4作目。



posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童書・絵本・はれぶた・バッテリー・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

児童書「ズッコケ三人組のミステリーツアー」那須正幹 絵高橋信也


目的地、ルート、時間を参加者に秘密にしたまま行われる

団体旅行=ミステリーツアー。ズッコケ三人組が、

このミステリーツアーに参加します。シリーズ第29弾。

さし絵、ルビ付き。読書初心者、特に小学生におすすめ。

補足:ズッコケ三人組には大判と、文庫版があります。
   中身自体は同じです。
   よく、図書館・図書室に置いてあります。


10年前にハチベエ一家は、旅行に出かけていた。

それ以来働きづめで、八百屋さんを営んできた。

そんなハチベエ一家に、タダで旅行ツアーに参加しませんかと

いう送り状が届く。どうやら10年前に参加したツアー旅行社

からのものらしい。親子はこれを楽しみにしていたのだが……。


集合場所に集まっていたのは、ズッコケ三人組だった。

ハチベエの両親は、「酢だこ」で食あたりしてしまい、

代わりにハチベエの友達であるハカセ・モーちゃんが

いっしょに旅行に参加することになったのである。


彼らは知るよしもない。これから先、巻き込まれる事件について。

ハチベエは覚えていなかった。

10年前のこの旅行中に、死んでしまったツアー参加者がいたことを。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ズッコケ三人組 読書初心者におすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

直木賞「新宿鮫 無限人形」大沢在昌

新宿鮫シリーズ第4弾。

新宿署鮫島警部は、ワル共の間でたった一人でも獰猛に犯罪者を

追い詰める性格から、「新宿鮫」と恐れられている。


本編は、新型覚せい剤をテーマにした、ハードボイルド長編。

鮫島の生き方、考え方がすてきで共感を覚えます。


なぜルール(法)を遵守させ、犯罪者を捕まえるのか。

それは、まじめに生きている人が法を守らない輩によって、

泣きをみたり、無力感ややるせなさを感じたりしないためだ。


どのシリーズかは忘れましたが、こんなようなことを鮫島が

言っていて印象的でした。


超難関といわれる国家T種試験を合格し、エリート中のエリート

だった鮫島は、ある事件をきっかけに刑事として動きまわって

います。それは、ある種警察組織が抱える矛盾に満ちた問題。

事件によって、傷を負った刑事に重要な役割を与えるなど、

このシリーズの完成度の高さにはいつも驚かされます。


まず、シリーズ最高傑作と評されている第一弾「新宿鮫」(400ページ)

を読んでほしいです。音楽に生きる恋人フーズ・ハニイの晶との

出会いと事件が描かれています。映画化もされています。


眠らない街 もう一度 星屑のほほえみを ♪


本の方がおすすめです。

無限人形は570ページ、読み応えがあります。

「新宿鮫シリーズ」は、9巻「狼火」まで読みました。

相変わらずすごいと唸らされるすばらしい作品でした

昌をはじめとしたいつものメンバーが登場しない、

「灰夜」だけは、ちょっと見劣りする気がします。

ある意味シリーズの転換的な作品でもあります。

「天使の牙 上・下」もお薦めです。





posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | すごくおすすめ長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「しわよせについて本気出して考えてみた」

物事は、積極的に取り組んだ方がおもしろい。

「させられる」よりも「する」方が断然おもしろい。


嫌々やらなくてはいけないことは、後回しにしがちですが、

それらのことをとりあえず自分の意志で「してみたら」

どうでしょうか。


つまらないことを、おもしろくなるように考える時間は楽しい

というのは、さんまの師匠の名言です。


安寿の場合は、だいたい音楽を聴きながら行うと苦痛の度合いが

減るので、掃除とかドライブとか通学、通勤、飽き時間などに

聴くようにしています。音楽の力は偉大。


物事を前向きに捉えれば、「勉強」すらもおもしろくなります。

基本的に勉強って、させられるよりもした方がおもしろいし、

身につく。よくつく。鼻につく。

記憶に残るものです。

あと、期限付きの目標を持つといいと思います。

「夢に日付を」ってやつです。


なんで、こんな役に立たないこと覚えなくちゃいけないの……

ってことも確かにありますが、いざ自分が「これをしたい」と

いうものに出逢ったとき、自分がないがしろにしていたものが

実はすごく大切なことだったことにはたと気付くわけです。


そう、「時間」です。しわよせっていうのは、本気出して考え

なくちゃいけないとよく思います。特に、自分のやったことが

誰かにしわよせすることがはっきりわかっている場合は特にです。


しあわせは忘れた時にやってくる。(といいな……)

しわよせも忘れた時にやってくる。(避けられない)


しあわせの青い鳥ならぬ、しわよせのあほい鳥は、近くに

転がっています。転がる前に片付けましょう。さぁ、たまには

掃除でもしますかね。ほこりは、自分の心に貯めるものであって

部屋に貯めるものではありません。

ラベル:コラム 日記
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままにその日暮らし! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

児童書「ズッコケ三人組の地底王国」なすまさもと 絵前川かずお


ひょんなことから小人になったズッコケ三人組。

小人たちから、「勇者」とあがめられ、「悪竜」と

呼ばれるモンスターと戦うはめになるシリーズ第46弾。


秋の遠足は、高取山の登山に出かける。

ハチベエは、女の子といっしょに昼飯を食べようと

はりきって「まつたけおにぎり」を持参したが、

あっさりフラれ、結局ハカセ・モーちゃんといっしょに

おにぎりをパクついた。


食事を終えた彼らは、山にまつたけがたくさん生えている

ことに気付き、欲望のおもむくままに採集をはじめた。


そこで、不思議な体験をする。


気付いたら、彼らはわずか6cm程度の大きさになっていた。

200802292120000.jpg


とまどう三人組の前に現われたのは、ネズミに乗った小人たち

だった。なぜか、三人組は予言によってみちびかれた「勇者」

らしく、竜と戦うことに。ズッコケ版ドラゴンクエスト。

ちなみに、かわいいお姫様も登場。がぜん張り切るハチベエ。


「結婚」という淡い妄想(もうそう)をいだきながら、

力を合わせてモンスター退治の作戦をねります。


ものの見え方、時間の感じ方にも言及したファンタジー。

ルビ・さし絵付き。おすすめ。


関連語

 コロボックル、小人
 
 佐藤さとる「だれも知らない小さな国」

  →小人を描いた最もポピュラーなファンタジー小説。
   大人にも人気がある。

 http://book0001.seesaa.net/article/90206910.html
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ズッコケ三人組 読書初心者におすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする